冬場でも快適に過ごせる|浴室暖房を使うメリットとは

レディ

重量物に気をつける

お風呂場

風呂ふたが曲がってしまうと保温効果が低下し、湯気も抜け出てしまいます。曲がる理由としては重量物を置いてしまう最も多く、他にも温度差や湿気や高温によって曲がってしまうこともあります。取り扱い説明書を読んで正しい使用や保管を心がけるようにしてください。

買い替えます

婦人

風呂ふたが変形した場合には、買い替えをおすすめします。ストレスがたまったり、カビが発生したりするおそれがあるためです。なぜ変形してしまったのかを考えて、今後の対策を立てます。自分の動きの邪魔にならない場所に置くようにします。

浴室を快適に

作業員

メリットいろいろ

浴室暖房は、浴室を温める機器のことで、最近は浴室暖房乾燥機、浴室換気暖房乾燥機と、機能が複数あるものが人気です。浴室暖房の熱源は、セラミックヒーターやグラファイトヒーターなどの電気式と、外部に設置した熱源機で作ったお湯を循環させて熱を放出するガス温水式などがあります。設置方法も、天井に埋め込むビルトインタイプや天井付けタイプ、壁掛けタイプがあります。天井付けタイプや壁掛けタイプは、リフォーム時など後付けも可能です。浴室暖房のメリットとしては、冬場でもお風呂が寒くないという点です。最近は高齢者が寒いお風呂場に入るときに起こるヒートショックによる事故が話題となっており、急激な温度差をなくし、そのような事故を回避することができます。また、浴室暖房乾燥機の場合、暖房や乾燥機能によって、浴室のカビを防止する効果が期待できますし、天気が悪い日でも浴室に洗濯物を干して乾燥させることができます。浴室の掃除が楽になりますし、花粉症などで外干しできないという人にとってもメリットとなります。その他、プラスアルファの機能がついた機器も増えています。発汗や血流促進効果のあるミストサウナ機能や夏場の暑さを和らげる送風機能が付いているものもあります。また、光熱費を削減できるよう、省エネタイプも登場しています。使いこなせば便利で快適な浴室となりますが、自分や家族にとって必要な機能を考慮して選ぶことがおすすめです。

風呂に使うふたの種類

手

風呂ふたはシャッターや折りたたみタイプのふたを選ぶと、扱い方によっては変形したり割れたりする事があります。変形や割れの対策としては熱湯や直射日光に当てない事と、力を入れずに掃除ができる、撥水加工や防カビ効果のある風呂ふたを選ぶことです。